部門

医療チーム

当院では、部署や職種を超えた専門職がチームを組み、患者さんにより質の高い医療を提供するために、連携して診療にあたっています。
各チームの活動をご紹介いたします。

栄養サポートチーム(NST)

病気やその治療のために食欲が低下したり、食事摂取量が減少すると栄養の状態が悪化します。入院中の患者さんの栄養状態を改善し、治療効果が上がるよう、栄養状態の監視、提言を行っています。

感染対策チーム(ICT)

病院に関係するすべての人(受診者、入院患者、面会者、職員)を感染から守るために感染防止対策を考え、実行しています。また、感染防止対策の指導を行っています。

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

微生物検査データや抗菌薬治療の効果のデータ収集・分析を行い、感染症治療に役立てています。また、抗菌薬の使用が適正かどうかを確認し、薬剤耐性菌の発生を予防することも役割です。

緩和ケアチーム(PCT)

患者さんやご家族のからだのつらさ、気持ちのつらさが和らぐように医師、看護師、薬剤師、心理士、管理栄養士など多職種チームが主治医や病棟スタッフと連携して支援します。

呼吸療法サポートチーム(RST)

酸素投与や人工呼吸など呼吸管理全般に関して、スタッフの教育や助言を通じて安全かつ適正に実践されるよう支援しています。

摂食嚥下チーム

病気や加齢などが原因で、食べ物や飲み物をうまく飲み込めなくなることがあります。間違って気管に入ってしまったり、のどに詰まったりすることがないよう、安全にお食事をしていただくためのサポートを行います。

褥瘡対策チーム

褥瘡(じょくそう)とは、一般的に「床ずれ」と呼ばれています。患者さんのリスクを評価し、体位変換の実施、マットレスやクッションなどで褥瘡ができないよう努めています。もし褥瘡ができた場合は、早く治癒するよう専門的なケアを行っています。

糖尿病サポートチーム(DST)

糖尿病の治療には、食事療法・運動療法・薬物療法が重要です。患者さんの日常生活が治療につながるよう、毎日のお食事や生活スタイルを一緒に考えていきます。

排尿ケアチーム

入院中の患者さんの尿道カテーテルの早期抜去や患者さんご自身で排尿できるようにサポートを行います。

フットケアチーム

糖尿病や人工透析などで長期療養中の患者さんには、足の傷が治りにくく、重症化して足の切断に至ってしまうケースがあります。早期発見・予防を目的として、リスクのある患者さんへアプローチしています。

肥満症治療チーム

肥満が原因で起こる糖尿病などの内科的疾患を改善するために、減量手術を選択肢として検討しています。世界では減量手術で健康を取り戻す患者さんが増えています。

認知症ケアチーム

認知症をすでに発症している患者さんの入院は年々増加しています。病院という慣れない環境で、認知症の症状が悪化しないよう、療養環境を改善したり、医療スタッフとのコミュニケーションを検討していきます。