健診センターQ&A

予約・変更について

来年度(4月1日以降)の健診予約はいつからできますか。

個人で申し込みをされる方は、平成31年2月15日から、電話と窓口でお受けします。
各種健康保険組合など補助を受けて受診される方は、それぞれの健保により受付方法や時期が異なりますので、所属の団体にお尋ねください。
小牧市の実施します特定健診・人間ドックにつきましては、実施の有無と内容の詳細が決定後、予約開始日をお知らせします。(平成30年は6月1日から予約開始)

全国健康保険協会(協会けんぽ)被保険者の『生活習慣病予防健診』申し込みはどうすればいいですか。

協会けんぽ『生活習慣病予防健診申込書』のコピーを当健診センターへ郵送してください。申込書到着後、順次1週間くらいお時間をいただき、当健診センターからの日程決定のご連絡を郵送させていただきます。郵送での受付になりますので、ご了承ください。受付時期については、協会けんぽから案内が各事業所に届いてからとなります。

人間ドック等の受診には予約が必要ですか。

事前予約が必要です。(完全予約制です。)

健診時間はどれくらいかかりますか。

人間ドックAを受診された場合で概ね2時間です。

受診日の変更・キャンセルはできますか。

随時受付けておりますので、当健診センターまでご連絡ください。
なお、変更の場合は現在の予約日より後の日程で変更をお願いします。また、時期やオプションの内容によっては、かなり後の日程となる場合や変更ができない場合もありますので、ご了承ください。
大腸がん健診については、検査食受け取り後キャンセルをされた場合は、検査食お渡し時にいただいた検査食代金は返却いたしませんのでご注意ください。

キャンセル料はかかりますか。

特にいただいていません。

受診内容のキャンセルはいつまでに連絡すればいいですか。

前日までに連絡をお願いします。受診日当日のキャンセルの手続きには、処理に時間がかかりますのでご了承ください。

オプション検査の追加は当日でもできますか。

当日はできません。オプション検査の追加は受診日当日より1週間前までにお願いします。ただし、検査内容によっては後日での受診になる場合、またお受けできない場合もありますので、ご了承ください。

問診票など当日の案内はいつ届きますか。

受診日の1週間前には届きます。

健診料をクレジットカードで支払うことはできますか。

VISA、JCB、MasterCardなどご利用いただけます。会計時にお申し出ください。

駐車場はありますか。

市民病院外来用駐車場をご利用いただけますが、駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

健診時間中に外来受診はできますか。

健診検査の進行に遅れが生じることもありますので、健診時間中の外来受診はできません。

健診センターへの到着が遅れそうな場合にはどうしたらいいですか。

早めにお電話をください。しかし、到着時間によっては検査を受けることができなくなりますので、お時間には余裕を持ってお越しください。

予約後に保険証が変わりました。連絡は必要ですか。

保険証が変わった時点で、必ず当健診センターにご連絡ください。所属する企業・健康保険組合の費用補助がある場合、費用補助が受けられなくなり、全額、自費になる場合があります。

検査について

健診日前の食事制限はありますか。

検査の内容により異なりますので、申し込みの際にご確認いただくか、当日のご案内をご覧ください。

手術で体内に金属が入っていますが、MRI検査は受けられますか。

MRI検査は強い磁力を使用しますので、心臓のペースメーカーや手術等で体内に金属が入っている場合は、MRI検査が受けられない可能性があります。そのため、該当される方には、あらかじめ手術をされた医療機関や施設に“MRIの検査が可能か”の確認をお願いしています。検査当日提出いただく「脳健診・脳ドック問診票」にその旨の記載がなく、確認が取れていない場合には、検査を受けていただくことができません。皆様により安全に検査を受けていただくため、ご理解とご協力をお願いします。

胃がんリスクABC検査は誰でも受けられますか。

健診当日「胃部X線検査」を受けられる方は受診することは可能です。
しかし、次に該当する方は正しい結果が得られない場合があるため、この検査対象に該当しませんので、お申し込み時に必ずご確認ください。

  1. ①明らかな上部消化管症状のある方
  2. ②上部消化管疾患治療中の方
  3. ③プロトンポンプ阻害剤服用中の方
    (内服薬については、検査前に主治医にご確認ください)
  4. ④胃切除をされた方(部分切除を含む)
  5. ⑤腎不全の方
  6. ⑥ピロリ菌除菌治療を受けた方

「大腸がん検査」とはどんな検査ですか。

注腸X線検査、便潜血検査、採血検査で腫瘍マーカーを測定する検査です。受診日の前日から、検査に必要な食事(検査食1日分)と、下剤を服用していただきます。消化管(胃や腸)が閉塞している方・腹痛・嘔吐のある方、腎機能障害がある方はこの検査をさけてください。強い便秘の方は、検査が中止になる場合もあります。心配な場合は検査前にあらかじめ、かかりつけ医師にご相談してください。

妊娠中または妊娠の可能性がある場合、健診を受診することはできますか。

胎児への影響が心配されます。安全性を考慮してお勧めできません。

生理中でも健診を受診できますか。

尿検査・便検査などの結果に影響を及ぼしますので、可能であれば日程変更をお勧めします。

マンモグラフィー・乳腺超音波検査は女性技師ですか。

女性技師が行っています。

胃部X線検査を胃カメラに変更できますか。

胃カメラ検査は行っていません。

血液検査は何回も採血しますか。

採血は1回のみです。ただし、不備検体(溶血等)や異採血管種の依頼が発生した場合には、再採血となります。また、面談時に追加検査がある場合は、再採血となる場合があります。

便が出にくいのですが、数日前の便でもいいですか。

採便日が受診日当日から5日前くらいまでなら検査可能です。

コンタクトレンズをつけたまま受診できますか。

つけたまま受診はできますが、視力・眼圧・眼底検査がある場合は、視力・眼圧・眼底検査時に外していただきますので、ケア用品を必ずご持参ください。なお、平成31年度から、最良視力での運用に変更させていただきます。これにより、メガネ・コンタクトレンズをご使用の方は矯正視力のみの測定となります。

その他

結果報告書の郵送期間はどれくらいかかりますか。

3週間程、お時間をいただいています。

結果報告書は自宅以外に郵送してもらうことはできますか。

原則、ご自宅への郵送となります。

結果報告書の再発行はできますか。

再発行はできますが、別途料金がかかります。(1通 1,000円(税別))

「連絡票(要精密検査)」の通知がきました。どうしたらいいでしょうか。

「連絡票(要精密検査)」の通知は、健診結果、専門医の受診が必要だと思われる方に送付させていただいています。お早めに最寄りの医療機関をご受診ください。ご受診の際には、今回の健診結果票と同封されている連絡票をご持参ください。

「追跡調査票」が届きました。どうしたらいいでしょうか。

「追跡調査票」の通知は、健診結果「要経過観察」の項目がある方に送付させていただいています。3ヶ月または6ヶ月の生活習慣の改善後、かかりつけもしくは最寄りの医療機関で再検査をお受けいただくことをお勧めしています。ご受診の際には、今回の健診結果票と追跡調査票をご持参ください。受診状況をご自身で記入いただいても結構です。

健診で撮影した診断用の画像は希望すればもらえますか

ご依頼いただいてから、CD-Rを作成し後日お渡しできます。
また、当日面談を受けられて必要な方は、面談後作成しお渡しすることはできますが、その際には通常1時間程度のお時間をいただいています。いずれも、別途料金がかかります。

健診の混み合う時期、すいている時期というのはありますか。

健診の予約状況ですと、例年、5月中旬から11月頃は非常に混み合う時期になります。また、年明け2月、3月は余裕のある時期になり、人間ドックなどはご希望日でのご予約がとりやすい時期になります。(なお、受けられる健診コースによっては、ご予約でいっぱいとなる場合もあります。)