病院長ごあいさつ・理念・基本方針

病院長ごあいさつ

小牧市民病院のホームページへようこそ。

小牧市民病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当院は、愛知県の尾張北部医療圏で急性期医療を担う基幹病院です。
「救命救急センター」「がん診療連携拠点病院」「地域医療支援病院」「災害拠点病院」の指定を受け、急性期医療を担うDPC対象病院では、大学病院本院に準じた高機能の病院として「DPC特定病院群」の適用を受けています。
2019年5月に新病院の診療棟・管理棟をオープンしてからほぼ2年が経過しました。これまでに健診センター棟の改修、旧病院の解体、東・南ロータリーの整備をすすめてきましたが、いよいよ2021年秋の立体駐車場建築工事の竣工により完成形となります。新病院開院後も周辺での工事が継続しているために、利用者の皆様には多大なご不便をおかけしていることをお詫びいたします。

新病院建設の主な目的は、高度化する医療への対応と療養環境・職場環境の改善でした。高度化する医療への対応という面では、ハイブリッド型手術室、手術支援ロボット、PET-CTなどの新規に導入した医療機器をはじめ、充実した医療設備の運用が進むにつれて、病院機能が明らかに向上していることを実感しています。今後もさらに発展する余地があると考えており、新病院の機能を最大限に発揮できるように、職員一丸となって取り組んでいきたいと思います。
療養環境・職場環境においても、新病院になった効果は大きいものでした。日常的な療養環境と職場環境が改善しただけでなく、2020年に全世界で流行した新型コロナウイルス感染症(COVID19)への対応にあたっては、感染対策を考慮した設計や設備等が大きく寄与してくれました。職員は感染に対する標準予防策を徹底しつつ、救命救急センターとしての責務を果たすべく日々奮闘しています。現時点ではまだCOVID19が終息する兆しはありませんが、引き続き気持ちを緩めることなく感染対策を励行し、この難局を乗り切っていきたいと考えています。
また、当院は地域医療支援病院として機能するために、周辺の医療機関との相互の交流を今まで以上に増やしていきます。医療機関同士の役割分担と連携をさらに充実し、患者さんが地域の中で切れ目のない医療を受けられていると実感できる医療提供体制を確立していきたいと考えています。この取り組みを進めることで、地域全体の医療水準の向上と、理念のひとつである「医療を通じて、安心して暮らせる地域の実現に貢献します」につなげてまいります。

今後とも、どうかご理解とご支援の程よろしくお願い申し上げます。

2021年4月

病院長 谷口 健次

理念

  1. 1.

    安全で質の高い急性期医療を行います

  2. 2.

    恕の心で患者さんに寄り添う病院を目指します

  3. 3.

    医療を通じて、安心して暮らせる地域の実現に貢献します

基本方針

  1. 1.

    医療の質の向上

    職員は自らの専門性を高めるとともに、職種間のコミュニケーションを良好にし、患者さんを中心としたチーム医療を推進することで、安全で質の高い医療を追求します。

  2. 2.

    患者本位の医療の実践

    「恕」の心で患者さんの視点に立った思いやりのある医療を行います。

  3. 3.

    医療人の育成

    将来にわたり地域医療に貢献できる優れた医療人を育成するとともに、働きやすい職場環境つくりに努めます。

  4. 4.

    地域社会への貢献

    地域完結型医療の充実に向けて、地域の医療機関との役割分担・連携をさらに密にしつつ、地域の医療水準の向上につなげることにより、地域社会のニーズに応えられる医療提供体制を確立します。

  5. 5.

    経営の健全化

    医療情勢の変化に対応するとともに、自院の強みである高次医療を積極的に展開することにより、安定した経営基盤の確立を目指します。

臨床倫理の指針

この指針は、小牧市民病院の理念と基本方針を遵守し、患者さんの権利に関する宣言を尊重し、患者さんの利益を優先すると同時に質の高い医療を提供するため、臨床における倫理指針を定めています。

  1. 1.

    患者さんの自己決定権を尊重し、十分な説明を行い、理解と同意を得て治療方針を決定します。

  2. 2.

    患者さんの希望に沿って、有望な治療の紹介や情報提供のためにセカンドオピニオンを薦めます。

  3. 3.

    診療にあたっては、国や学会で定めた関係法令やガイドラインを遵守し、検査・診断・治療・研究を行います。

  4. 4.

    終末期医療・臓器移植などの生命倫理に関する問題や医療行為の妥当性に関する問題については、倫理委員会や関係部署のカンファランスにおいて多職種により検討を行い、治療方針を決定します。

  5. 5.

    医療の発展のために臨床研究を行い、実施にあたっては倫理委員会等において十分な検討を行います。

患者さんの権利と責務

小牧市民病院では、患者さんが当院において人間として尊重され、差別を受けることなく適正な医療を受けることができるために、以下に挙げた患者さんの権利と責務を掲げ、患者さんとよい人間関係で結ばれた思いやりのある医療を行うことを誓います。

  1. 1.

    人間としての尊厳を守られる権利

    社会・経済状況、国籍、宗教などいかなる理由によっても人間としての尊厳を損なわれてはならず、かつ平等な医療を受ける権利があります。

  2. 2.

    適正な医療を受ける権利

    自身の意思により自由に病院を選ぶことができ、その病気に応じた適正な医療を受けることができます。また病気に関わる法規・規則を知る権利があります。

  3. 3.

    治療内容を知り、自身で決定する権利

    病気に関わる情報及び治療内容を知る権利があり、医師により示された治療方針に反対・賛成に関わらず自身の考えを反映させることができます。また診療記録の開示を求める権利と自由にセカンドオピニオンを求める権利があります。

  4. 4.

    個人情報の秘密保持に関する権利

    個人に関わる全ての情報を守秘される権利があります。

  5. 5.

    医療に参画する協同の責務

    良質で安全な医療を受けるために、自身の健康情報をできる限り正確に医療者に提供し、自らの治療に参加・協力する責務を有します。

  6. 6.

    病院の規則を遵守する責務

    すべての患者さんが適切な医療を受けられるために、他の患者さんの治療や医療提供に支障を与えないように、病院規則や必要な指示を守る責務を有します。

子どもの権利

  1. 1.

    あなたは、ひとりの人間として大切にされ、安心してちりょうを受けることができます。

  2. 2.

    あなたは、病院の人たちやおうちの人とちりょうに参加することができます。また、ちりょう方法をえらぶことができます。

  3. 3.

    あなたは、おうちの人とちりょうについて、病院の人からわかりやすい説明を聞いて、自分の考えや気持ちを病院に伝えることができます。また、他の医師の意見を求めることができます。

  4. 4.

    あなたやおうちの人のひみつは守られます。

  5. 5.

    心や体がつらい時や不安を感じる時は、病院の人に聞くことができます。

  6. 6.

    入院していても、勉強したり、遊んだり、病院のぎょうじに参加したりすることができます。

※みんなが気持ちよく過ごせるよう、病院のやくそくを守ってください。

患者の権利に関するWMAリスボン宣言

1981年9月/10月、ポルトガル、リスボンにおける第34回WMA総会で採択
1995年9月、インドネシア、バリ島における第47回WMA総会で修正
2005年10月、チリ、サンティアゴにおける第171回WMA理事会で編集上修正

序文

医師、患者およびより広い意味での社会との関係は、近年著しく変化してきた。医師は、常に自らの良心に従い、また常に患者の最善の利益のために行動すべきであると同時に、それと同等の努力を患者の自律性と正義を保証するために払わねばならない。以下に掲げる宣言は、医師が是認し推進する患者の主要な権利のいくつかを述べたものである。医師および医療従事者、または医療組織は、この権利を認識し、擁護していくうえで共同の責任を担っている。法律、政府の措置、あるいは他のいかなる行政や慣例であろうとも、患者の権利を否定する場合には、医師はこの権利を保障ないし回復させる適切な手段を講じるべきである。