当院は看護師特定行為研修指定研修機関です

当院は、令和3年2月に「看護師特定行為研修指定研修機関」として指定を受け、現在令和3年7月から第1期生の研修を開始しています。
研修においては、下記当院の基本理念に基づき、全ての人々の尊厳を重んじ、高度急性期医療、及び地域包括ケア医療の現場において、看護師特定行為を実施する上で必要となる学習環境を継続し提供しています。
【当院の基本理念】
1.安全で質の高い急性期医療を行います
2.恕の心で患者さんに寄り添う病院を目指します
3.医療を通じて、安心して暮らせる地域の実現に貢献します

特定行為研修とは

看護師が手順書により特定行為を行う場合に、特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技術の向上を図るための研修であって、特定行為研修の基準に適合するものであることとされています。

(厚労省ホームページより引用)
※看護師の特定行為研修制度についてはこちら

当院で実施する特定行為研修

外科系基本領域パッケージ 7区分7行為
・栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル)関連
・創傷処置管理関連
・創部ドレーン管理関連
・動脈血液ガス分析関連
・栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
・感染に係る薬剤投与関連
・術後疼痛管理関連

令和4年度受講生募集

令和4年度看護師特定行為研修受講者を下記のとおり募集します。
詳しくは令和4年度 看護師特定行為研修募集要項をご覧ください。

1.研修期間
令和4年6月1日から1年間

2.募集期間
令和4年4月1日~4月30日(4月30日消印有効)

3.受講要件
・日本国内における看護師免許を有すること。
・看護師の免許取得後、通算5年以上の実務経験を有すること。そのうち通算3年以上は、関連する領域の実務経験を有することが望ましい。
・日本看護協会看護師賠償責任保険等の賠償責任保険に加入していること。
・所属施設長の推薦を受け受講することを認められた者。

4.出願書類(下記よりダウンロードしてください)
受講申込書(様式1)
推薦書(様式2)
履歴書(様式3)
小論文(様式4)
履修科目 履修免除申請書(対象者のみ)(様式5)
・看護師免許(写:A4サイズに縮小して下さい)

5.その他
出願書類は、募集期間内(4月30日消印有効)に、下記提出先へ郵便書留で郵送して下さい。
受講の決定については、5月中に本人へご連絡致します。

出願書類提出先
〒485-8520 愛知県小牧市常普請一丁目20番地
小牧市民病院 研修センター宛