部署紹介

救急病棟

どんな状況でも対応できる、
他病棟と密な連携が
とれた協力体制。

  • 担当診療科、部署の業務

    救急外来、ICU、一般病棟と連携し患者さんの治療が安全に行われるよう看護します。ICUと同様に入室中から社会復帰を目指します。

  • 担当患者さんの主な疾患

    脳卒中や心疾患、呼吸器疾患や消化器疾患など様々な診療科の患者さんが入室します。時には一般病棟で対応できない手術後患者さんも入室します。

  • 部署の自慢ポイント

    他病棟、特にICUとは連携を密にとり、どんな状況でも対応できる協力体制ができています。また、様々な患者さんが入室するため、幅広い視点で物事を考える事ができるスタッフが多数います。

ICU・血管造影

生命の危機的状況にある
患者さんの早期回復を支援。

  • 担当診療科、部署の業務

    ICUでは入室中から社会復帰を目指し、患者さんの異常の早期発見と早期回復支援を行います。血管造影では、心臓や脳などの血管造影検査や治療の介助を行います。

  • 担当患者さんの主な疾患

    ICUには院内、院外を問わず生命の危機的状況にある患者さんが入室します。例えば、血圧や呼吸などが不安定な患者さんや大きい手術を受けられた患者さんが入室します。

  • 部署の自慢ポイント

    患者さん2人に対して看護師1人以上の体制で、医師やコメディカルのスタッフとも協力しながら働いています。患者さんの回復を間近で感じることができ、とてもやりがいがあります。

5E病棟【小児科・耳鼻いんこう科・歯科口腔外科・内科】、NICU、GCU

安心して入院していただける
ように取り組む混合病棟。

  • 担当診療科、部署の業務

    小児科、NICU・GCU、小児科外来、耳鼻咽喉科、口腔外科

  • 担当患者さんの主な疾患

    小児科:肺炎、胃腸炎、けいれん、ネフローゼ
    耳鼻咽喉科:喉頭がん、慢性扁桃炎
    口腔外科:埋伏知歯、舌癌、下顎骨折

  • 部署の自慢ポイント

    小児科・耳鼻科、口腔外科の混合病棟です。明るく元気のある病棟です。安心して入院していただけるよう日々取り組んでいます。

5W病棟【産婦人科・乳腺外科・整形外科(女性)】

レディース病棟ならではの
雰囲気作りを心がけています。

  • 担当診療科、部署の業務

    産婦人科・乳腺外科・整形外科

  • 担当患者さんの主な疾患

    産科疾患・婦人科疾患・乳がん・整形外科の女性を受け入れる病棟です。

  • 部署の自慢ポイント

    レディース病棟として、療養環境には特に配慮しています。明るい雰囲気で皆様をお迎えしています。

6E病棟【整形外科・形成外科・皮膚科・救急科】

地域連携パスを運用した、
地域全体でのサポート体制。

  • 担当診療科、部署の業務

    整形外科・皮膚科・形成外科・救急科

  • 担当患者さんの主な疾患

    整形:関節疾患・脊椎疾患・骨折疾患
    形成:リンパ浮腫 熱傷
    皮膚:帯状疱疹

  • 部署の自慢ポイント

    整形外科領域は、地域の医療機関からの手術依頼に対しても早期に対応しています。特に大腿骨近位部骨折は、地域連携パスを運用し術後数日の急性期の転院体制を構築し地域全体での医療システムに取り組んでいます。

6W病棟【脳神経外科・脳神経内科・内科】

患者さんを中心に、
スタッフ一丸となった
支援・援助。

  • 担当診療科、部署の業務

    脳卒中患者さんの看護を主として行っています。患者さんが少しでも早く社会復帰ができるように家族も含めた援助をしています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    脳出血、くも膜下出血、未破裂動脈瘤、脳腫瘍、脳動静脈奇形、内頚動脈狭窄、脳梗塞、症候性てんかん、パーキンソン病、髄膜炎、脳炎

  • 部署の自慢ポイント

    脳卒中で入院した患者さんは、後遺症に対しても早期に介入していく必要があります。そのため、医師だけではなく、リハビリ部門や患者支援センターなどの多職種と連携し、早期社会復帰できるように援助しています。

7E病棟【呼吸器内科・呼吸器外科】

患者さんと家族に寄り添った、
退院に向けての
多職種と協働した支援。

  • 担当診療科、部署の業務

    呼吸器疾患の治療と教育を行う呼吸器内科と、手術を行う呼吸器外科です。化学療法、放射線療法、在宅酸素・在宅人工呼吸器療法の指導、術前術後の看護を行っています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    気管・気管支の病気として慢性気管支炎、気管支喘息。肺の病気として肺炎、肺結核、肺気腫、間質性肺炎、肺癌。胸膜の病気として胸膜炎、気胸などがあります。

  • 部署の自慢ポイント

    7Eには慢性呼吸器疾患看護認定看護師、呼吸療法認定士、ACP(人生会議)相談員がおり、良きサポートをしてくれます。患者さんと家族が希望する療養先に合わせ、退院に向けた支援を多職種と協働して行っています。

7W病棟【泌尿器科・腎臓内科・糖尿病内分泌内科】

スタッフの明るさと
チームワークで
より良い看護を提供。

  • 担当診療科、部署の業務

    泌尿器外科・腎臓内科・糖尿病内分泌内科

  • 担当患者さんの主な疾患

    膀胱・前立腺・腎臓・副腎腫瘍、結石、末期腎不全、腎炎、糖尿病、バセドウ氏病

  • 部署の自慢ポイント

    術後看護、腎移植看護、透析看護、患者指導など多岐に渡る幅広い業務内容ですが、スタッフ全員明るく優しい病棟です。

8E病棟【循環器内科・心臓血管外科・内科】

患者さんに安全で安心な
看護が提供できるように、
自己研鑽に励んでいます。

  • 担当診療科、部署の業務

    循環器内科 心臓血管外科 内科

  • 担当患者さんの主な疾患

    虚血性心疾患 心臓弁膜症 不整脈 肥大性心筋症 感染性心内膜炎 色々な基礎疾患による心不全 胸部大動脈瘤 胸部大動脈瘤 肺塞栓 下肢静脈瘤 静脈血栓症など

  • 部署の自慢ポイント

    循環器疾患の検査・治療を行う患者さんが多く、モニター管理が必要です。CABG 弁置換 血管置換 EVAR TEVARなどICU 救急病棟との連携により転棟が頻繁に行われ、術前術後の急性期看護を必要とします。

8W病棟【外科・消化器外科】

安心・安全に
過ごせるような看護ケアと、
多職種と協働した支援。

  • 担当診療科、部署の業務

    消化器外科

  • 担当患者さんの主な疾患

    消化器系癌(食道・胃・肝臓・膵臓・胆嚢・大腸・甲状腺)手術が必要な外傷性疾患

  • 部署の自慢ポイント

    手術後の患者さんたちが安心・安全に過ごせるよう、看護ケアを行っています。人工肛門のある患者さんやご家族との交流もあります。また、多職種と協働し、患者さんが住み慣れた地域に帰ることができるよう支援しています。

9E病棟【血液内科・消化器内科・眼科】

患者さんが、
より良い入院生活が送れるように
より良い看護を目指しています。

  • 担当診療科、部署の業務

    血液内科、眼科、消化器内科の3科です。血液内科の患者さんの大半は化学療法を中心に行っています。また、自己や血縁者間の移植も行っています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、突発性血小板減少症、白内障、斜視、胆のう炎、消化管出血など。

  • 部署の自慢ポイント

    易感染患者さんが多いため感染管理に力を入れています。患者さんは長期の入院治療となるため、多職種と協働して看護を行っています。

9W病棟【消化器内科】

コミュニュケーションを大切に、
心配りができる
病棟を目指した看護。

  • 担当診療科、部署の業務

    検査、化学療法、短期手術などの予定、または緊急の患者さんの入院を受けています。肝生検、ラジオ波、硬化療法、内視鏡など最新の治療、看護に日々精進しています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    消化器系癌、胆石、胆管結石、胆のう炎、消化管出血、腸炎、クローン病など多です。また、他の内科疾患、緊急時は外科系の手術患者さんも受け入れています。

  • 部署の自慢ポイント

    笑顔であいさつを心掛け、患者さん、ご家族とのコミュニケーションを大切にしています。患者さん、ご家族が、毎日安心して、そして安全に入院生活を過ごせるように、心配りができる病棟を目指しています。

手術室

患者さんの思いに寄り添った
手術室看護を提供。

  • 担当診療科、部署の業務

    外科系全般及び循環器内科と心臓血管外科と合同 のオペ(ハイブリッド)を行います。また、ダヴィンチを使ったロボット手術も行います。

  • 担当患者さんの主な疾患

    全14科(外科系全般及び循環器内科)

  • 部署の自慢ポイント

    予定手術のみでなく昼夜・休日問わずの緊急手術に対しても、周術期医療チームとして、医師・看護師・コメディカルが専門性を発揮して対応しています。また、患者さんの思いに寄り添った手術室看護を提供しています。

外来

病院の顔として、
「思いやりとやさしさ」
をモットーにした看護。

  • 担当診療科、部署の業務

    診療科全般

  • 担当患者さんの主な疾患

    -

  • 部署の自慢ポイント

    外来は患者さんが最初に医療を受ける場で、病院の顔。ベテランの看護師が、看護外来(フットケア・禁煙・糖尿病・リンパ浮腫・HOTなど)でサポートしています。

EER【放射線科・内視鏡・救急】

検査を受けられる
患者さんの不安を最小限に
できるように心がけた看護。

  • 担当診療科、部署の業務

    救命救急に特化した看護

  • 担当患者さんの主な疾患

    救急に関連した疾患、消化器疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、交通外傷など

  • 部署の自慢ポイント

    放射線・内視鏡・救急など、救命救急を使命にした専門分野で、看護師は日々専門性を活かしています。

緩和ケア病棟

患者さん、ご家族を尊重した、
自分らしく安心して
生活できるように支援。

  • 担当診療科、部署の業務

    がんなどの病気を抱える患者さんやご家族の体、気持ち、生活面でのつらさといった様々なつらさ(苦痛)をやわらげて、「自分らしく安心して生活できるよう」支援しています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    主にがん患者さんです。身体的苦痛や、心理的苦痛などのつらさを和らげるための治療は積極的に行いますが、抗がん剤投与など「がんと闘う治療」は行いません。

  • 部署の自慢ポイント

    病棟の家庭的な雰囲気づくりに努め、廊下の装飾も季節に合わせて作成しています。また、医師・看護師も思いやりの気持ちをもち、患者さん、ご家族の大切な事をできるがきり尊重した支援を行っています。

健診センター

一人一人に合わせた支援。

  • 担当診療科、部署の業務

    健診センターで健康診断を受けた方の保健指導

  • 担当患者さんの主な疾患

    -

  • 部署の自慢ポイント

    保健師が健康チェックを行い、保健指導を行っています。一人一人に合わせた支援をしています。市民祭りでは「町の保健室」で保健活動も行っています。

患者支援センター

患者さんやご家族の
声を聞くスペシャリスト。

  • 担当診療科、部署の業務

    入退院支援・病診連携・地域がん連携に関する、相談業務や調整。在宅支援。

  • 担当患者さんの主な疾患

    外来・入院治療を受ける患者さん全般の疾患

  • 部署の自慢ポイント

    患者支援センターは、地域包括ケアシステムによる病院の役割を果たすために、多職種と連携し、入院から在宅までの最適な療養環境を提供しています。患者さんやご家族の声を聞くスペシャリストぞろいです。

医療の質・安全室

患者さんの安全を守り、
医療者が安全に働くための
職場環境作り。

  • 担当診療科、部署の業務

    病院内の医療事故等の予防対策に努めています。また、職員個々の安全意識を高めることを目的に、医療安全に関する研修を開催しています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    全ての患者さん、病院職員が対象です。

  • 部署の自慢ポイント

    11月25日を含む前後1週間(日曜日から土曜日まで)は医療安全推進週間です。患者さんの安全を守り、医療者が安全に働くための職場環境作りを目指して、日々明るく元気に活動しています。

医療情報システム室

新しく導入したシステムで、
業務円滑を支援。

  • 担当診療科、部署の業務

    医療情報システム室は多職種で構成されており、電子カルテのトラブルや診療報酬改定などの情報を共有し、電子カルテに反映させています。

  • 担当患者さんの主な疾患

    -

  • 部署の自慢ポイント

    2019年5月より、新しい電子カルテに変更になりますが、看護師の業務が円滑にすすむように構築しています。新しくピクトグラムという患者さんの情報を多職種で共有できるシステムを導入しています。

PAGE
TOP