本文へジャンプ
ホーム > トピックス > その他 > 総合内科立岩弥寿子医師が第230回日本内科学会東海地方会で優秀演題賞を受賞いたしました

総合内科立岩弥寿子医師が第230回日本内科学会東海地方会で優秀演題賞を受賞いたしました

2016年12月22日

この賞は一般社団法人日本内科学会東海支部が若手内科医の育成を目的として平成18年の第200回東海地方会から設けられたもので、内分泌・代謝領域で当院糖尿病内分泌内科上西栄太部長の指導のもと「ヴィーガ二ズムによるビタミンD欠乏性骨軟化症の1例」で優秀演題賞を受賞いたしました。
今後も当院の基本方針にあります地域の基幹病院としてふさわしい高度な医療を提供するために努力し、医学および医療技術の研鑽に努めてまいります。

  日本内科学会東海支部ホームページ (外部リンク)

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション