本文へジャンプ
ホーム > トピックス > その他 > 総合内科佐々木智之医師が日本内科学会ことはじめ2017で優秀演題賞を受賞いたしました

総合内科佐々木智之医師が日本内科学会ことはじめ2017で優秀演題賞を受賞いたしました

2017年06月26日

2017年4月15日(土)に行われた、第114回日本内科学会講演会『医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2017東京』にて、総合内科佐々木智之医師が「遠位尿細管のNaCl共輸送体機能不全が原因と考えられ5型Bartter症候群を呈した常染色体優性低カルシウム血症の1例」で優秀演題賞を受賞いたしました。
今後も当院の基本方針にあります地域の基幹病院としてふさわしい高度な医療を提供するために努力し、医学および医療技術の研鑽に努めてまいります。

日本内科学会HPにて紹介されております。受賞者一覧はこちら(外部リンク)

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション