本文へジャンプ
ホーム > 病院指標 > 病院指標

病院指標

 厚生労働省の指針に基づき、当院の病院情報を公開します。この病院情報は臨床的な指標であることから、その病院が得意とする治療や特徴をある程度見ることができます。
 当院では、2013年度分より病院指標として病院情報を任意で公開しておりますが、今回、厚生労働省より病院情報の定義が明確化されたことを受け、その定義に沿った病院情報を作成しました。このため、2014年度分以前と2015年度以降とでは集計上の定義が変更されております。

小牧市民病院における病院指標

集計上の定義

【2015年度分以降】

◆使用するデータ
 DPC調査データ「様式1」「様式4」「Dファイル」

◆集計条件  
・当該年度の4月1日から当該年度の3月31日までの退院患者  
・一般病棟の入院患者(緩和ケア病棟は除外)  
・24時間以内に死亡した患者または生後1週間以内に死亡した新生児は除外  
・臓器移植の患者は除外
・「様式4」で医療保険外との組み合わせがあるものは除外(例えば分娩など)
・歯科口腔外科の症例は除外  ・短期滞在手術等基本料を算定する症例は除外
・手術の件数について、同時に複数の手術を実施した場合は主たる手技のみ計上

 

【2014年度分以前】

◆使用するデータ  
 DPC調査データ「様式1」「様式4」とEVE※の症例データ
 (※EVEとは、メディカルデータビジョン社製のDPC分析ソフトのこと)

◆集計条件  
・当該年度の4月1日から当該年度の3月31日までの退院患者
・一般病棟の入院患者(緩和ケア病棟は除外)
・医療保険外のものは除外  
・歯科口腔外科の症例は除外

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション