本文へジャンプ
ホーム > 関係者・採用情報 > 当院の特徴 > 三次救急

三次救急

救命救急センターを中心とした急性期医療を展開しています

私たちは尾張北部医療圏で救命救急センターを有する病院として、尾張北部から名古屋市北部に至る地域の救急患者さんの治療にあたっています。また、三次救急だけでなく一次救急、二次救急までを担う地域の基幹病院としての活動も求められています。

三次救急としては心筋梗塞などの虚血性心疾患、急性大動脈解離、脳出血、脳梗塞、多発外傷、重度熱傷など様々な重篤疾患の患者さんが搬送されてきます。 中には他の病院では対応できない患者さんが(当院へ)搬送されてくるケースもあり、患者さんやそのご家族にとっては当院が「最後の砦」となります。何としても命を救おうとする姿勢、決してあきらめない気持ちを持つことはもちろんのこと、その想いを実現させるための「高い医療スキル」を有すること、それが小牧市民病院で働くスタッフには求められています。

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション