本文へジャンプ
ホーム > 関係者・採用情報 > 教育体制 > クリニカルラダー

クリニカルラダー

私たちの病院ではプリセプター制度やクリニカルラダーを充実させ、新人看護師であるみなさんを支援します。

クリニカルラダー

医療の現場に入るというのは何かと不安なこともたくさんあるのですが、同じステージを経験した先輩看護師がしっかりフォローし、また同期入職の看護師が何十名もいますので、お互いに支え合いながら切磋琢磨できる環境が整っているのも魅力的です。

院内教育の紹介教育

ラダーレベル 院内研修
4月:新採用者集中研修 看護実践(接遇、医療案安全、感染、記録、電子カルテ、看護必要度、看護倫理など)
看護技術(採血、静脈点滴注射、酸素療法、吸引など)
ME機器の取り扱いなど
フォローアップ研修(1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月)、多重課題研修(1泊2日)
年間計画で、看護実践に関する研修が1回/1~2ヶ月、企画 (輸血、化学療法、救急蘇生法など) 
年間計画で、看護実践に関する研修が1回/2~3ヶ月、企画 (感染、スキンケア、疼痛緩和、医療安全2、看護の経済性など)   
プリセプター研修(フォローアップ研修:1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月)  
リーダー研修 
医療安全
看護研究
看護と医療経済
コーチング
院内臨地実習指導者研修(5日間)
  リスクマネジメント、がんジェネラリスト研修
全看護職員 対象 トピックス
看護研究及び看護実践活動発表会
    クリニカルラダーレベルと連動した教育プログラムになっています。
  • 認定看護領域や院内の各分野の研修会も活発に行われています。
  • このほかに、看護協会や各専門領域の院外研修も支援しています。

最近は看護師の離職問題が何かと話題になっています。看護師の離職問題を研究している人の話を聞いていると、離職時期として多いのは

  1. 新人1~3年目(理想と現実とのギャップ、覚えることが多すぎて成長が実感できない、等の理由)
  2. 入職5~8年目(一通りの成長を終えた後の目標喪失、結婚や出産後に復帰しづらい雰囲気、等の理由)

に集中しているそうです。こういった状況もふまえ、当院では平成20年度から教育管理室を設置して、教育専従の看護師長を配置しました。スタッフが教育を受けやすく、かつ成長しやすい教育プログラムを構築できるよう随時見直しをかけるようにしています。これにより、当院は離職率の低い病院となっています。

院内教育の紹介教育また、1にあったような成長の実感を常に意識できるよう、当院ではクリニカルラダーの各ステップを修了するたびに「認定書」なるものが上司の看護師長より手渡されるようになっています。最初は受け取るのがちょっと照れくさかったですが、自身の成長をしっかりと実感させてくれる、とても良い制度だと思います。

また、2にある中堅層に対するフォローとしては、「リスクマネジメント・院内臨地実習指導者研修・がんジェネラリスト研修」など、常に目標を持って成長を実感できるようなプログラムが新人以降にも豊富に用意されています。

先述したように当院は救命救急センターをはじめとした各種拠点病院として活動をしているため、私たち自身がひとつの領域の専門性を高めようと思うと、その活躍できるステージはほぼ無限に広がっているといっても過言ではないぐらいです。

実際に当院で勤務している先輩看護師の中でも、認定看護師の資格を取得した方が数多く出てきています。また復帰看護師に向けた支援プログラムも充実しているため、ライフイベント(結婚や出産)によって一時的に職場を離れたスタッフにも安心して復帰できる点も魅力のひとつだと思います。

教育管理室

教育専従看護師長として、新人教育体制の構築・支援、キャリア支援、メンタルサポート等を行っています。新採用者集中研修やフォローアップ期間は、「研修責任者」となり、各部署の教育担当者と共に、研修の企画・実施・運営・評価および調整を行っています。  
教育管理室は、いつでもだれでも相談できる明るいお部屋です。看護職員の方の成長を見守りつつ、サポートしています。

室内

室内

河辺教育管理師長

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション