本文へジャンプ
ホーム > 人間ドック・健康診断 > 健診センターの取り組み

健診センターの取り組み

平成31年度からの変更点

1 子宮がん健診料を見直しました。

 子宮がん健診料は、平成8年開所当初より3,000円で実施してまいりましたが、今年度、検査内容に即して料金の見直しをさせていただき、5,500円に変更させていただきます。
 なお、検査内容に変更はなく、頸部・体部細胞診、超音波検査となります。


2 「後日面談」を設けます。

 人間ドックAコースなど健診当日の午後に医師から結果を説明させていただく「面談」をご案内しています(人間ドック機能評価認定施設としての運用に基づき実施)。当日は画像写真等“一次読影”の結果で結果説明をさせていただき、後日“二次読影”を実施することで、検査結果の精度を高めています。
 しかし、二次読影後その結果が変更となる場合もあり、当日面談で聞いた結果と手元に届いた結果が変わる場合もありました。
 そのため、平成31年4月受診の方から、当日面談を受けた方でご希望により、後日改めて結果説明(面談)をさせていただく機会を設けさせていただきます。
 必ず事前予約をしてください。詳細は次のとおりです。

実施時期 H31年4月健診分から
対象者 当日面談を受けたご本人で、
  1. 面談時から二次読影により結果が変わり、D判定となった結果票を受け取った方。
  2. 結果票の到着前に、医師の指示により看護師がご連絡をした方。
健診コース 当日面談で対応している健診コース
担当医師 内科医師
時間帯 水曜日AM10時~11時  1人10分程度。
場所 健診1階 面談室
予約方法 電話もしくは窓口で、2営業日前17:00までに事前予約。(通常月曜日の17:00まで)
予約時期 健診日から3ヶ月以内。
当日の持ち物 ご自身の健診結果票

*当日、すべての結果を揃え、判定等を出させていただくため迅速な処理を行っておりますが、運用上、結果説明(面談)は午後となりますことにご理解いただきますようお願いいたします。


3 視力検査の一部変更します。

 4月からは最良視力での運用とさせていただくため、メガネ・コンタクトレンズをご使用の方は矯正視力のみの測定とさせていただきます。
 なお、証明等で裸眼視力測定も必要な方は、必ず予約時にお申し出いただくようお願いします。

 

平成30年度からの変更点

1 女性待合室をご用意しました。

婦人科検診(子宮がん健診)を受診される女性の方が、検査までの待ち時間および検査後にご利用いただけるよう、“女性待合室”を設けました。
検査後、痛みがある場合にはしばらくお休みいただくこともできますので、スタッフにお申し出ください。


2 健診終了時に、特定保健指導を実施させていただいています。

 平成30年4月から始まりました、第三期特定健康診査・特定保健指導に伴い、一定項目での確認が取れれば、すべての健診結果がそろわなくても特定保健指導ができるようになりました。今年度につきましては、協会けんぽの依頼により、協会けんぽ被保険者の方に、健診後、受付にてお声かけをさせていただいています。
  また、従来通り、午後からの保健指導も実施しています。

 

平成29年度からの変更点

1 検査前問診を始めました。

 受診者の皆様に、より安心して健診を受けていただくために、医療職による
“検査前問診”を行っています。

2 乳がん健診の内容が変わりました。

 平成29年4月から乳がん健診の内容は、マンモグラフィーと乳腺超音波(エコー)になりました。これは、厚生労働省が行っています「がん検診のあり方に関する検討会中間報告」にもとづく変更となります。そのため、乳がん健診にかかる時間は、今までよりも短くなります。

3 保健師による保健指導を行っています。

 健診当日午後からの医師の面談後、保健師による保健指導を行っています。これは、生活習慣病になる前に、生活習慣を改め予防を図るため行っています。
 ご希望される方は、検査前問診時にお声がけください。
 ただし、当日の状況によりお待ちいただく場合がありますので、その際はご了承ください。費用は無料です。

4 精密検査受診状況の確認を行います。

 人間ドック機能評価認定施設の取組みの1つとして、健診結果により要精密検査となった方へ、医療機関受診のお知らせ(事後フォローアップのお知らせ)を送付させていただいています。また、受診状況について保健師からお電話を入れさせていただく場合があります。受診勧奨を行うことで、健診が病気の早期発見につながるお手伝いをさせていただきます。

 

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション